医療法人社団 はやしクリニック

広島市佐伯区の 内科,循環器科 はやしクリニック

〒731-5116 広島県広島市佐伯区八幡1丁目22-11
TEL 082-929-0884

読みにくい時はブラウザ設定で150%程度に文字を拡大してください  
予防接種
各種予防接種のお知らせ
 
健康診断
各種健康診断のお知らせ
 
病診連携・介護
病診連携・介護のお知らせ
 
各種検査
各種検査のお知らせ
 
季節毎のお知らせ
各季節に特有のお知らせ
 
高血圧・高脂血症・糖尿病
高血圧・高脂血症・糖尿病の解説
 
メタボリックシンドローム
肥満・動脈硬化・メタボリックシンドロームの解説
 
食事療法・運動療法
生活習慣病の食事・運動・薬物療法の解説
 
心臓・肺・腎の病気・痛風
心房細動の解説もこちら
 
胃・腸・肝・その他の病気
各種疾患の解説・リンク
※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

お知らせ

お盆休みのお知らせ

□お盆休みのお知らせ
令和元年8月11日(日)から令和元年年8月18日(日)までお盆休みとさせていただきます.
8月10日(土)は通常通り午後6時半まで診療を行います.

今年はお盆の週が丸々一週間休みになります.
ご迷惑をおかけし,申し訳ありません.
薬が切れないよう,受診日の調整をお願いいたします.


 

無料・風しん抗体検査のお知らせ    ~成人男性(39歳~56歳前後)

定期予防接種のお知らせ
 
【成人男性 (39歳~57歳前後) に対する,無料・風疹抗体検査のお知らせ】
 
●対象: 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた成人男性

(注)ただし,2019年度は,昭和47年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた成人男性(39歳~48歳前後)にのみクーポン券が送付されます.昭和37年4月2日から昭和47年4月1日の間に生まれた成人男性(49歳~57歳前後)には,2020年度にクーポン券が送付される予定です.
●期間: 2019年4月1日~2022年3月31日まで
●費用: 無料
●方法: クーポン券方式
(1) 対象者の方には,住民票のある市区町村より,クーポン券が送付されてきます
      (注意)最近引っ越した人は注意~「受診時」に住民票のある市区町村と,クーポン券の市区町村が一致していることが必要です)

(2)まずは,血液検査にて,風疹の抗体検査を行います.
→はやしクリニックを受診する際に,次の2点を持参ください.
(ⅰ)市区町村から送付されてきた,風しん「抗体検査」のクーポン券
(ⅱ)本人確認ができるもの(運転免許証や健康保険証等)

★廿日市市等,広島市以外にお住まいの方も,はやしクリニックで抗体検査を受けられます.

(3) 結果は2~3日後に判明します.受取に来院されても結構ですし,はやしクリニックから郵送することもできます(送料無料).

(4)風疹抗体が陰性(当院検査で6.0未満)であった場合は,次に,風しん(第5期)予防接種(~無料)を行います.
→はやしクリニックを受診する際に,次の3点を持参ください.
(ⅰ)市区町村から送付されてきた,風しん「予防接種」のクーポン券
(ⅱ)本人確認ができるもの(運転免許証や健康保険証等)
(ⅲ)はやしクリニックから送付されてきた「風しんの抗体検査受診票」
           (~判定結果欄で,接種[対象]の記載があることを確認ください)

★廿日市市等,広島市以外にお住まいの方も,はやしクリニックで接種可能です.
★実際に接種するのは,規定に沿い「麻しん風しん」の予防接種です.
 
●参考: 今回の検査・接種の特徴→仕事盛りの方の接種機会を広げるために,健康診断の際に,いっしょに抗体検査を受けることができます.その場合も無料です. (各種健康診断を受ける時に,上記のクーポン券を提出ください)
 
●質問: ◆(質問1)  これまでに風しんに罹ったことがある場合→風しんの診断が「抗体検査」等で「確実」だった場合を除いて,抗体検査をお受けください.
◆(質問2)  これまでに風しんに罹ったかどうか不明の場合→抗体検査をお受けください.
◆(質問3)  過去に風しん抗体検査を受けたことがある場合→平成26年4月1日以降の抗体検査結果が陰性の記録をお持ちの方は再度の抗体検査を受けなくても予防接種を受けられます(要予約).結果が不明の場合や,それ以前に抗体検査を受けた場合は,再度抗体検査をお受けください.
◆(質問4)  過去に風しんの予防接種を受けたことがある場合→「確実な」接種記録がなければ,抗体検査をお受けください.接種記録があっても,希望者は抗体検査を受けることができます.
 

夏のお知らせ

夏のお知らせ
【食中毒に気をつけましょう】
夏は嘔吐・下痢・発熱・等の食中毒(感染性胃腸炎)がおこりやすい季節です.
(1)調理前後に手洗いをする,(2)しっかり加熱する,(3)室温に長く放置しない,等の基本的な食中毒対策に心がけてください.
原因菌 潜伏期間 原因となる食品
腸炎ビブリオ
サルモネラ
◎カンピロバクター
◎腸管出血性大腸菌
短い(8時間~1日)
短い(8時間~2日)
長い(2~7日)
長い(2~7日)
魚介類
鶏卵,鶏肉
鶏肉(焼き鳥,鳥のたたき)
牛肉(焼き肉,牛レバ刺し)

●カンピロバクター食中毒
患者数が一番多い食中毒です.特に鶏肉にはカンピロバクターがいるものと考え,よく熱を加えることが大切です.
●サルモネラ食中毒
症状が強く(ひどい高熱・頻回の水様下痢・強い腹痛),経過が長い(1~2週間続く)のが特徴的です.鶏卵や鶏肉の取り扱いに注意しましょう.
●腸炎ビブリオ食中毒
海水温が20℃を越えると海水中で腸炎ビブリオ菌が繁殖します.腸炎ビブリオ菌の付いた魚介類を生で食べることが原因となります.症状は激しいものの半日位でおさまります.
●腸管出血性大腸菌(0-157など)
牛のレバ刺し等が原因となります.
発熱は軽いこともあります.はじめは激しい下腹部痛と水様便ですが,1~2日後に血液の混ざった下痢便になります.
下痢のおさまる頃から尿の出が悪くなった場合は要注意.ベロ毒素による「溶血性尿毒症症候群」の疑いがあり入院加療が必要です.


【熱中症について】
熱中症にかかりやすい季節になりました.暑い日はもちろんですが,気温はそれほど高くなくても急に気温が上昇する日は要注意です.帽子の着用とこまめな水分補給が大切です.それでも下記の症状が出た場合は早めに治療を受けて下さい.
●暑熱環境に居る,あるいは居た後の体調不良はすべて熱中症の可能性があると認識して下さい.
暑熱環境下において,(1)脱水が進んだことで生ずる臓器血流低下や,(2)高体温そのもので生ずる臓器不全,が起こった状態です.

●熱中症の分類
「発汗」が少量~多量,「体温」が平熱~高熱,で4つに分けます.
 
体温・高熱 「熱射病」
←「熱射病」

体温・平熱
「熱疲労」
「日射病」
「熱けいれん」
  発汗・少量 発汗・多量

・「日射病」→体温は平熱だが,頭頸部が太陽光で温められ,相対的に頭皮の血流が増えるなどの理由で気分が悪くなった状態
・「熱けいれん」若い人が高温環境で運動等をして大量の汗をかき,水だけをのんだ時におこる.塩分不足から筋肉痛や筋肉のけいれんがおこる(四肢筋肉のけいれんであり,全身けいれんではない).ひどくなると高熱になり熱射病になる.   (≒「熱失神」→一瞬のぼーっとした意識消失)
・「熱疲労」高齢者に特徴的で,あまり汗が出ない・出せない(←汗腺が少ない・汗腺の機能が悪い)状況で体温がじりじり上がる.ひどくなると高熱になり熱射病になる.
・「熱射病」→他のタイプが重症化した最終的な病状.意識レベルの低下あり.

●熱中症の重症度 
●軽~中等症 ●重症(熱射病)
(1)脳血流低下症状(Ⅰ度)
~めまい,立ちくらみ,頭痛,数秒間の失神
(2)筋血流低下症状(Ⅰ度)
~こむら返り,腹筋のけいれん,筋肉痛
(3)胃腸血流低下症状(Ⅱ度)
~吐き気,嘔吐,気分不良
(4)その他の症状(Ⅱ度)
~顔面蒼白,冷や汗,倦怠感,虚脱感
おかしな言動や行動がある.
体温が著しく高いのに発汗がない.
意識レベルが低下している.
(Ⅲ度)
Ⅰ度→現地で水分と塩分を飲んで下さい.
Ⅱ度→水分と塩分を補うために点滴が必要です.
→生命に関わる可能性があり大きな病院で入院治療が必要です.

●熱中症の治療のめやす
◇Ⅲ度~意識がない・呼びかけに対する反応がおかしい→救急車を呼んでください.
◇Ⅱ度~軽い意識障害があり,水分を自力で摂取できない→入院可能な医療機関へ搬送してください.
◇Ⅰ度~意識はあり,水分を自力で摂取できる(=自分でふたを開け,自分で口に持っていき,むせずに上手に飲める)→現地で水分と塩分をとらせてください.


【水虫治療のお知らせ】
夏は水虫(白癬菌症)の悪化しやすい季節です.
●一般的な指間の水虫には軟膏を使います.
つめ水虫の治療には,飲み薬とぬり薬がありますが,当院ではぬり薬だけが可能です.
ぬり薬の治療を行うには,まず水虫菌の検査が必要です(検査代金は,1割負担で210円/3割負担で630円).
一日一回,つめ表面全体にはけで薬を塗ります.つめが生えかわるまでの約一年間,根気よく塗り続けましょう.
まずはお気軽に相談下さい.

 

臨時のお知らせ・最近のお知らせ

職場健診のお知らせ
【NEW】【広島市 ・ 元気じゃ健診のお知らせ】詳細はこちら
予約不要.8800円相当の健診が,40歳以上の全員で無料になりました.
千田町まで行かなくても・決められた時間に公民館に行かなくても・はやしクリニックで・いつでも・できます.

【職場健診のお知らせ】詳細はこちら
雇用時の職場健診 ・ 定期の職場健診やっています.予約不要.4000~8200円(例外8500円).

【新入生の皆さんへ~抗体検査のお知らせ】詳細はこちら
入学時の麻疹(はしか)・風疹・水痘(みずぼうそう)・ムンプス(おたふく風邪)の抗体検査.予約不要.


【高齢者・肺炎球菌ワクチン~補助あり接種のお知らせ】詳細はこちら
広島市から接種券が届いた人は,4700円(平均接種価格のほぼ半額)で接種可能です.

【日本脳炎ワクチン~無料接種のお知らせ】詳細はこちら
平成7年4月2日以降生まれの人は,4回全ての接種を無料で受けられます.

【風しん抗体検査のお知らせ ①  ~無料】詳細はこちら
(1) 妊娠を希望する女性,(2) 妊娠を希望する女性と同居している人,(3) 妊婦と同居している人は,無料の風しん抗体検査を受けられます.★生まれてくる赤ちゃんのために「風しん抗体検査」「風しんワクチン接種」をお受けください.

【NEW】【成人男性・風しん抗体検査のお知らせ ②  ~無料】詳細はこちら
過去に接種機会のなかった,昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた成人男性は,無料の風しん抗体検査を受けられます.送付されてきたクーポン券を持参ください.★抗体が陰性の場合は,【無料】で風しん予防接種が受けられます(2022年3月31日まで).

【麻しん・風しんワクチン~無料接種のお知らせ ① 】詳細はこちら
2期(小学校入学前の一年間)の麻疹・風疹予防接種を行っています.母子健康手帳にとじてある接種券があればどなたでも,はやしクリニックにて受けられます.成人の方は有料(8100円)です.

【NEW】【麻しん・風しんワクチン~無料接種のお知らせ ② 】詳細はこちら
昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた成人男性のうち,無料の風しん抗体検査にて陰性と判定された場合→5期,風しん予防接種を無料で受けることができます.

【帯状疱疹(帯状ヘルペス)ワクチン接種のお知らせ】詳細はこちら
(50歳以上の)希望者には自費で接種可能です.7100円.


【呼気一酸化窒素(NO)測定装置導入のお知らせ】詳細はこちら
「気管支喘息」や「せき喘息」の診断に役立つ,新型の呼気一酸化窒素測定装置(NOブレス)を導入しました.

【スパイロメーター更新のお知らせ】詳細はこちら
「肺・年齢」を測定する機械(スパイロメーター)を最新式のものに更新しました.

【マイコプラズマ・院内迅速検査のお知らせ】詳細はこちら
約10分で,長引く「せき」の病原菌「マイコプラズマ」が診断できます.

【血液でわかる・胃がんのリスク検診のお知らせ】詳細はこちら
胃カメラをしなくても,血液検査だけで,胃がんのリスクが判定できます
これまで胃カメラをためらっていた方も,ぜひこの簡単な検査をお受けください.4300円.

【心エコー更新のお知らせ】
このたび心エコーを最新式の機械(GE社のLOGIQ-P5)に更新しました.最近増えている拡張障害型の心不全の診断精度が上がりました.

 

普段のお知らせ

インフルエンザ(病気)に関するお知らせ


【慢性胃炎に対するピロリ菌の除菌治療のお知らせ】~保険がきくようになりました→詳細はこちら

【湿布についてのお知らせ】
今般の医療制度の改正に伴い,湿布剤の処方に制限がかかることになりました.
他の内服薬が28日処方・30日処方の場合,1カ月の処方枚数を56枚までにさせていただきます.
ご不便をおかけしますが何卒よろしくお願い申し上げます.

【プロペシア処方のお知らせ】
AGA(男性型脱毛症)の治療薬プロペシアのジェネリック薬を処方しています.抜け毛や薄毛でお悩みの方はご相談下さい.
(適応)20歳以上の男性のみ.
(料金)初回診察時は7200円,2回目以降は28日分処方で6200円です(プロペシアのジェネリック薬の場合).診察室でお渡しいたします.
(効果) 1年間内服した時点での効果は98%と報告されています(2%の人で抜け毛が進行).

【禁煙外来休止のお知らせ】
現在,禁煙外来は休止しています.

【体組成計設置のお知らせ】
体組成計をタニタのフラッグシップモデルMC-190に更新しました.~無料・カラー印刷
(1)体重,(2)体脂肪率,(3)基礎代謝量,(4)体型判定,(5)内臓脂肪レベル,(6)脚部筋肉量点数,(7)BMI(ホディ・マス・インデックス) が測定できます.

○機械に乗るだけで,すぐに結果がカラー印刷されて出てきます.
○素足での測定をお勧めしていますが薄いストッキング程度ならほぼ正確な値が出るようです
○無料ですので,待ち時間の間にご自由にお使いください.
○特に高血圧・糖尿病・高脂血症・その他の慢性病で通院中の方は,健康管理のために毎月測定を行うとよいでしょう.数値の大小に一喜一憂するのでなく,数値の長期的な推移を見ることが大切です.

【血圧計貸出しのお知らせ】
健康診断等で高血圧を指摘されて初めて受診された方に,1ヶ月程度,血圧計を貸出ししています(13台あります).
健康診断で血圧が高くても,自宅では正常であることは,よくあることです.本当に治療が必要か否かは,一回の健康診断だけでは決められません.

【ケーブルテレビ出演のお知らせ】
地元ケーブルテレビ「ちゅピcom」に院長が出演しました.
「コミュニティチャンネル」の「まもれますか?あなたの健康」コーナーで,はやしクリニックの院長が「心房細動と脳梗塞について」というタイトルで話をしました.

【西広島タイムズ掲載のお知らせ(1)(2)(3)】
地元情報誌「西広島タイムズ」に院長の原稿が掲載されました.
(1)「医師会発,暮らしに役立つ医療情報」のコーナーで,はやしクリニックの院長が「脳梗塞・5人に1人は心房細動」というタイトルで,心房細動と脳梗塞の関係についての記事を書きました.
(2)佐伯区医師会との共同企画「放っておくと危ない!気になる症状~動悸がする」のコーナーで,はやしクリニックの院長が「心臓がふるえる心房細動~脳梗塞予防が大切!」というタイトルで,心房細動に対する新しい治療法の記事を書きました.
(3)佐伯区医師会との共同企画「放っておくと危ない!気になる症状~息切れがする」のコーナーで,はやしクリニックの院長が「その息切れは年のせい?」というタイトルで,「たばこ病」と「禁煙外来」について記事を書きました.


【各種健康診断のお知らせ】詳細はこちら

【各種予防接種のお知らせ】詳細はこちら

【各種検査のお知らせ】詳細はこちら