医療法人社団 はやしクリニック

広島市佐伯区の 内科,循環器科 はやしクリニック

〒731-5116 広島県広島市佐伯区八幡1丁目22-11
TEL 082-929-0884

読みにくい時はブラウザ設定で150%程度に文字を拡大してください  
予防接種
各種予防接種のお知らせ
 
健康診断
各種健康診断のお知らせ
 
病診連携・介護
病診連携・介護のお知らせ
 
各種検査
各種検査のお知らせ
 
季節毎のお知らせ
各季節に特有のお知らせ
 
高血圧・高脂血症・糖尿病
高血圧・高脂血症・糖尿病の解説
 
メタボリックシンドローム
肥満・動脈硬化・メタボリックシンドロームの解説
 
食事療法・運動療法
生活習慣病の食事・運動・薬物療法の解説
 
心臓・肺・腎の病気・痛風
心房細動の解説もこちら
 
胃・腸・肝・その他の病気
各種疾患の解説・リンク
※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

胃・腸・肝・その他の病気

胃と腸の病気

胃と腸の病気
 

【血液でわかる・胃がんのリスク検診のお知らせ】
●血液でわかる・胃がんのリスク検診(ABC検診)をはじめました.
◇クリニックの一般検診項目には,胃カメラ等の「胃がん検診」は含まれておらず,これまでは検診専門施設でのオプション項目として取り扱われてきました.
◇近年胃がんの95%以上はピロリ菌感染に関係していることがわかってきました.→「血液検査」でピロリ菌等を検査することにより,胃がんになる危険性が高いか低いかを判定することができるようになりました(ABC検診)(胃がんのリスク検診).胃がんそのものを診断するわけではありませんが,簡単な「血液検査」で胃がんのなり易さ(胃がんのリスク)を調べられることは,「検診」としては大変有意義なことと考えます.
◇「血液検査」で簡単に判定できますので,当クリニックでの他の健診(特定健診・住民健診・職場健診)時に,●血液でわかる胃がんのリスク検診もオプション項目としてぜひ追加してください.
4300円.

◆検査項目(1)=◆ピロリ菌検査=胃がんの発生母地となる「萎縮性胃炎」を引き起こすピロリ菌の有無を調べます.「ピロリ菌・陽性」=現在,胃にピロリ菌がいる.
◆検査項目(2)=◆ペプシノゲン検査=胃粘膜の「萎縮」具合を調べる検査です.「萎縮」が進んだ胃粘膜は胃がんになりやすい(胃がんリスクが高い)と考えられます.「ペプシノゲン検査・陽性」=現在,萎縮性胃炎の所見がある.

  ピロリ菌検査陰性(-) ピロリ菌検査陽性(+)
ペプシノゲン検査陰性(-) 「A」 タイプ 「B」 タイプ
ペプシノゲン検査陽性(+) 「D」 タイプ 「C」 タイプ
「A」 タイプ →健康的な胃粘膜です.胃の病気になる可能性は低いと考えられます.胃カメラ検査も省略してよいと考えられます.4人に3人は「A」タイプです.5年に一回のABC検診が推奨されています.
「B」 タイプ →少し弱った胃粘膜です.胃かいようや十二指腸かいように注意しましょう.ピロリ菌「除菌」をお勧めします.3年に一度の内視鏡検査をお勧めします.
「C」 タイプ →弱った胃粘膜です.胃がんなどの病気になりやすいタイプです.2年に一度の内視鏡検査をお勧めします.
「D」 タイプ →かなり弱った胃粘膜です.胃がんなどの病気になるリスクがあります.1年に一度の内視鏡検査をお勧めします.


●ピロリ菌の話
内視鏡.COM においてピロリ菌と胃の病気の関係が明快に解説されています.

●ABC検診についてもっと知りたい方→ABC分類のサイト


【慢性胃炎に対するピロリ菌の除菌治療のお知らせ】~保険がきくようになりました.
●昔はピロリ菌を除菌するためには「胃潰瘍」の診断がついている必要がありましたが,今は「慢性胃炎」でもピロリ菌の除菌治療ができます.
胃炎の段階で除菌することにより,将来の胃癌発症を予防・減少させることが期待できます.

(1)人間ドックや健康診断の胃カメラ検査にて「慢性胃炎」と診断された場合
→当院にて,健康保険(1~3割負担)でピロリ菌の有無を判定(血液検査).
→ピロリ菌陽性なら,当院にて,健康保険(1~3割負担)でピロリ菌の除菌治療.
(2)人間ドックや健康診断の血液検査にて「ピロリ菌陽性」と診断された場合
→胃症状がある場合は(消化器科にて)胃カメラ検査をお受けください.
→慢性胃炎の診断がつけば,健康保険(1~3割負担)にてピロリ菌の除菌治療.

●治療→抗生物質2種類と胃酸分泌抑制剤1種類の合計3種のクスリを7日間飲みます.成功率は9割程度です.
●除菌判定→内服終了(1~) 2カ月後に除菌判定検査が必須です.呼気検査を行いますので,4時間異常絶食して再診してください.
除菌が不成功の場合は,抗生物質の種類を変えてもう一度除菌治療を行います.


【ノロウィルス(1)~検査のお話し】
◆胃腸炎で受診された様々な方から,しばしばノロウィルスを調べてほしいとの相談がありますが,ノロウィルスの検査は保険では認められていません.

◆ノロウィルスとわかっても特別な治療法があるわけではなく,一般的な胃腸炎の治療と変わりないため,ノロと診断する必要性が少ないとの判断からです. 風邪の時にどの種類のウィルスかを調べないことと同じ考え方です.
◆(参考)抗がん剤投与中の人などは重症化しやすいため,例外的にノロウィルス簡易検査が保険で認められています.ただし簡易検査は,感度が低いため偽陰性が多く,復職の判断に使用してはいけません.あくまでも医学治療上の補助指標として用いることができます.当院では簡易検査も施行できません.

【ノロウィルス(2)~復職のための診断書のお話し】
◆胃腸炎で受診された様々な方から,復職のための治癒証明についての相談がありますので,職種別にお話ししますが,(ノロに限らず)胃腸炎に罹った後の職場復帰のための診断書の発行はできかねます.

(1)一般の会社の場合→ (ノロを含めた)胃腸炎では「本来」就業制限そのものがありませんので,治癒証明書も必要ないはずです.風邪の場合と同様です.ただし休職した場合の証明として,「○月○日まで療養・休職を要した」旨の事後的な「療養通知書」は書くことがあります.
(2)学生の場合→ (ノロを含めた)感染性胃腸炎は,インフルエンザ等と同様に学校感染症の一つと定められており,「症状が軽快し全身状態が改善されれば」登校可能です.その間を欠席扱いにしないために,インフルエンザ時と同様の「学校伝染病治癒通知書」を無料で発行できます.
(3)高齢者施設・介護施設・医療施設・等の場合→免疫力の弱い高齢者や病人と接するため,施設独自の就業制限が定められていることがあります.(ノロに限らず) 最後に嘔吐・下痢があった日をゼロ日とし,その3日目から就業可とする等の例がありました.就業制限が定められてなければ,(1)一般の会社と同様の対応となります.
(4)調理従事者の場合→医療とは別の「衛生管理」の考え方が必要です.
   ノロウィルスの嘔吐・下痢症状は数日でおさまりますが,ノロウィルスはその後も長期にわたって便中に排出され続けます.7割は2週間以内に陰性化しますが,1ヶ月以上陽性が続くこともあります.自覚症状がないにもかかわらず感染源となることは,特に調理従事者において,集団感染を引き起こすリスクが問題となります.責任問題を心配されて治癒証明書を希望されるお気持ちはよく理解できますが,医療機関の役割は治療(と単に症状が治まったことを示す事後的な「療養通知書」発行)までです.
   この後の現場での復職の判断は,医療とは別の「衛生管理」の問題です.基本的には各施設・各職場が「ノロウィルスの検査結果」に基づいて判断することとなります.「大量調理施設衛生管理マニュアル」を参考に,普段から行っている毎月の定期的な検便検査の延長で考えてください.→ノロウィルスの場合は,高感度(遺伝子)検査 によってノロウィルスを保有していないことが確認されるまでの間、食品に直接触れる調理作業を控えることとなっています.その検査は医療機関の役割ではなく,各種検査機関 (ネットでも検索可能)の役割となります.
 
 

肝臓の病気

痛風
 

【脂肪肝】
○肝臓の中にたくさんの中性脂肪が貯まる病気です。
もともと肝臓は食事中の糖や脂肪を蓄える働きをしていますが、食べすぎると貯まる量も増えてしまいます。また肥満や糖尿病の人はインスリンの作用不足により更に肝臓に脂肪が貯まりやすくなります。現代の飽食の時代ではもっともよくみかける病気の一つです。健康診断で肝機能異常とされた方の多くは脂肪肝が原因です。超音波(エコー)検査で肝臓が白く輝いて見えることで診断できます。
○フランス料理で有名なフォアグラは人工的に脂肪肝を作ったものです。

NASH(ナッシュ) について
以前は肝臓病といえばアルコールに起因する病気というイメージがありましたが,近年,飽食の時代になり,メタボ由来の肝機能障害が激増しています.
その中の多くは「単純な脂肪肝」ですが,一部「NASH(ナッシュ)(脂肪性肝炎)」が混ざっています.
NASHは肝硬変・肝がんに進行する可能性があるのですが,残念ながら単純な脂肪肝との区別は困難です.またGOTやGPTの高低だけでは進行具合を判定できません
現時点でNASHの特効薬は無いため,メタボを改善させる,地道な食事療法(別ページ)運動療法(別ページ)が,NASH対策として重要です.また糖尿病・高血圧・脂質異常症等の薬物治療をしっかり行うことも大切です.

【B型&C型肝炎ウィルス~無料検査のお知らせ】
★肝臓がんの原因のほとんどは(B型&C型)肝炎ウィルスです.
自覚症状がなくても,血液検査で異常がなくても,(B型&C型)肝炎ウィルスが体内にいる可能性があります.
無料の血液検査でわかります.(肝臓がん撲滅事業)
★一生に一度だけ検査しておけばOK.
★(肝臓がん撲滅事業)は時限立法のため,無料検査ができるのは,平成30年3月末までです
はやしクリニックに受診中の(20歳以上の)全ての皆さんに,この血液検査をお勧めします.遠慮なく受付に申し付けください.

【アルコールと肝臓】
お酒の適量は,男性は純アルコールで最大20グラムまで,女性は10グラムまでです.
純アルコール20グラム相当とは,
ビール(アルコール度数=5度)だと500㎖,ワイン(同12度)だと220㎖,
日本酒(同15度)だと180㎖,焼酎(同25度)だと120㎖,ウィスキー(同40度)だと60㎖です.

○アルコールは肝臓で分解されますが、その途中で毒性のあるアセトアルデヒドができて、それが肝臓を傷つけます。血液検査ではγ-GTPやGOTが上昇します。

●(五日市地区・佐伯地区において)肝臓疾患でお困りの方には舛田内科・消化器科をお勧めしています.

 

女性に多い病気~骨粗鬆症・甲状腺の病気・尿もれ

女性に多い病気~骨粗鬆症・甲状腺の病気・尿もれ
 

●女性に多い骨の病気~骨粗鬆症の話

骨がスカスカになっていると(骨粗しょう症になっていると)転んだだけで骨折することがあります。骨折がきっかけで寝たきりになることも多々あります。骨粗しょう症は早期であれば予防可能な病気です。本症にかかりやすい高齢女性の方は自分の骨の硬さやもろさを知り、骨折り損にならないように早めに対策をとりましょう。当クリニックではたった約1分で骨密度と骨年齢がわかります。費用は800円で,保険で3割負担の場合は240円です。お気軽に相談下さい。骨粗鬆症財団のQ&Aをご参照ください。


●女性に多い甲状腺の病気

甲状腺は「のどぼとけ」の左右と下側にあります.甲状腺機能低下症は高齢女性にとても多い病気です.
「疲れやすい・おっくうである・記憶力の低下・寒がり・のどの違和感がある・汗が少ない」等々の症状がある方は一度ご相談ください.


●女性に多い尿もれの病気

40歳以上の女性の30%が「尿もれ」に悩んでいます.
(1) 腹圧性尿失禁は,咳・くしゃみ・重いものを持ち上げた時等に尿が漏れるものです.
→軽症の場合は骨盤底筋トレーニングが有効です.
(2) 切迫性尿失禁は,トイレに行きたいと思ったらほとんど我慢ができずに尿が漏れるものです.
→過活動膀胱(OAB)の可能性があり,膀胱筋の働きを抑制する薬物治療が有効です.

 

その他の病気

●不眠でお困りのあなた→スイミンネット
●うつ病についてわかりやすく解説→utu.net
●子供の急病時,病院受診が必要か否かの判断材料→こどもの救急
●よく見かける皮膚病についてわかりやすく解説→皮膚科のQ&A
●当ホームページにのっていない数多くの病気については→病気辞典

ホームページへのアクセスありがとうございました !!

●ホームページへのアクセスありがとうございました !!